2020年注目のテニスブランドダイアデムはご存知でしょうか?

 

今回はその中でも1番人気のNOVA100 2020モデル(ノヴァ100)について書いていきます。

この記事では

  • NOVA100 2020モデルのスペック詳細
  • NOVA100 2020モデルの打った感想、周りの評価
  • NOVA100 2020と当ストア取り扱いの似たラケットとの比較

 

以上の内容を紹介していきます。

ダイアデムのNOVA100が気になる方、スノワートのラケットと比べてどう違いがあるか知りたい方は読んでみてください。

 

ダイアデムNOVA100 2020モデルのスペック

ダイアデムNOVA100

商品名 ダイアデム NOVA100/ノヴァ100 2020モデル
メーカー名 ダイアデム
カラー ブラック
サイズ G2, G3
素材 HMTカーボン
面の大きさ(フェイスサイズ) 100sq.inch
重さ(フレームのみ) 平均:300g
フレームの長さ 27inch
フレームの厚さ 23.5mm
バランスポイント 平均:320mm
ストリングパターン メイン16×クロス19(本)
推奨テンション 45~55ポンド(lbs)
グリップサイズ G2、G3
RA値 69
その他 FSシステム・インパクトシールド

 

NOVA100スペックの特徴

いわゆる黄金スペック分類されるこのNOVA100、日本では黄金スペックに寄ったラケットは人気が高く万人が好むスペックになっています。

女性でも、ジュニアでもハードに打つ方でも使用しているイメージですよね?

 

黄金スペックの特徴は飛びの良さ、そして飛びが良いのに重さなどのバランスが良く扱い易いという事。

ラケット自体にパワーがあるのでスイングがゆっくりな方でも飛ばしやすい。

また、スイングスピードを上げてボールをバシバシ打つ方でも回転をかけてコートに収める事ができる。

すなわち初心者には飛ばしやすく、上級者には回転をかける事でボールをコートに納めパワーとスピードを両立しやすいスペックです。

 

そしてこのNOVA100は黄金スペックの中でもフレーム厚がやや薄目なのが特徴ですね。

NOVA100はフレームが少し薄い分、ボールの飛びはフレームが厚めの黄金スペックよりも控えめになります。

フレームが薄いとラケットが少ししなりやすくなるため、早めのスイングや強いインパクトをした時にボールを乗せて打つことが可能です。

つまり回転をかけて飛びを抑え、ボールコントロールもしやすい仕様になっています。

飛びだけではなく、少し競技者に寄せたコントロールも効かせやすいスペックなのがこのNOVA100

 

ちなみにNOVA100シリーズには0.5inch長い『NOVA100+』とウエイトが285gと軽めの『NOVA100LITE』もあります。

 

ロングがあるのが競技者向けブランドという感じがしますね!

 

NOVA2020のデザイン

デザインはブラックにブルーとシルバーがワンポイントで入ったシンプルなデザイン。フレームの形はピュアドライブのような形

このデザインはNOVA、NOVA+、NOVALITE共通のものです。

デザインは好みが分かれると思いますが、いかがですか?

NOVA100の商品ページへ

 

NOVA100 2020 打ってみた感想・周りの評判や口コミ

ダイアデムNOVA100…

個人的には凄く打ちやすいかったです。

3種類のストリングを試しましたが、一番打ちやすかったのはダイアデムのポリ、フラッシュ130を張って使った時です。

 

打球感

これはラケットに張ったストリングによって大きく変わりますが、とてもクリアな打感です。

やや硬く感じるかもしれませんが、しっかりとラケットのどこにボールにが当たったかわかります。

ストローク、ボレー共に打ってて気持ちよさが感じました。

そして気持ちいい打球感があるのに振動が少ないところも注目です!

これはダイアデムの注目のテクノロジーのFSシステム・インパクトシールド・HMTカーボンが作用しているのでしょう。

FSシステム等のダイアデムブランドの特徴はまた今度解説していきます。

 

何かに例えるならあっさり目のピュアドライブ2018のような感じ?(濃いめはどないやねん!のツッコミは受けませんw)

 

プレーのしやすさ

ストロークをしても弾きは思ったより強く感じず、暴発アウトせずしっかりコート納まります。

叩くショットも回転をかけるショットも特段難しさは無いです。

ボレー時は飛びの良い部類のラケットなのでパンチが出しやすい。まさに現代テニスにピッタリ!

使ってて「あぁコレみんなが好きなやつ、人気出そう…」って心底思いました。

 

※案の定3月発売から全国的にとても売れているみたいです。

 

ダイアデムNOVA100周りの評判

実際に私のテニス仲間に打ってもらった感想も少し書いていきます。

北海道の草トー出場者やコーチに使ってもらいました。

 

予想通り多数の方が「使いやすい!打ちやすい!」というお声を多くいただきました。

個人差はありますが、NOVA100の使用感は一般的にクセが少ないラケットに部類されると思います。

クセが少ない分、皆さんが普段から使って慣れているマイラケットから変えてプレーしてもスムーズに自分のプレーができていたので「使いやすい!」という感想が多かったのかなと…

 

ただ人によっては打球感が硬く感じ、飛ばないという意見もありました。

やはり多少自分のスイングで飛ばせる人の方が相性が良いラケットといえるでしょう。

 

ダイアデムNOVA100口コミは?

そんな話題のダイアデムTwitterではどんな動きが?

 

 

Twitterを見る限り3月発売にもかかわらず、注目度はかなり高く、評判はかなり良いみたいです。

 

ダイアデムNOVAとスノワートの近いラケットを比較

NOVA100を基準にした個人的感覚でスノワートの近いスペックのGRINTA100、GRINTA100Tour、VITAS100、VITAS100Tourの4種を簡単に比較していきます。

※あくまでも個人的な感想なので「そんな感じなのかなー。」程度での参考にしてください。

気になるのは試してみるのが一番です!

 

ダイアデムNOVAとスノワートVITAS100シリーズ

VITAS100シリーズはNOVAよりもボールを飛ばしやすいラケットです。

特にVITAS100はNOVA100と比べると当てるだけも簡単に飛んでってくれるようなパワーを持っています。

同様にVITAS100TourもNOVA100に比べるとボールは飛ばしやすいです。

VITAS100TourはVITAS100よりも抑えが効きやすく低いコントロールがしやすいので、

NOVAが飛ばない人はVITAS100Tourを、VITAS100Tourの飛びやホールドする感触が苦手な人はNOVAを使ってみるといいでしょう。

 

NOVAとGRINAT100シリーズ

 

NOVAと同じくらいの飛びで打球感がマイルドなものが好きな方はGRINTA100シリーズを使ってみても良いかもしれません。

GRINTA100はNOVAよりもホールド感、飛びの良さがあります。

インパクト時にガットが掴んで飛ばす感覚がNOVAよりも強いので、柔らかさを感じるラケットが好きな方はGRINTA100を推奨します。

 

GRINTA100TourとNOVAを比較した時に感じたのはNOVAの弾きの良さです。サーブや叩くショットでスピードは出しやすく感じました。

一方打感のマイルドさ面ブレの少なさはNOVAよりもGRINTA100Tour、スピンやスライスの回転系のボールの感触も良いのでチェンジオブペースなどを取り入れやすいです。

 

簡単に総括すると

打球感は

NOVA100(しっかり)>GRINTA100Tour(ややしっかり)>VITAS100Tour(たわむ感じがあり)>VITAS100(ポヨーン)≧GRINTA100(ぶぉあん)

※様々な条件によっておおきく変わります

飛ばしやすさは

VITAS100(飛びやすい)>VITAS100Tour(飛ばしやすい)≧GRINTA100(わりと飛ぶ)>NOVA100(全然飛ぶ)>GRINTA100Tour(まだ飛ぶ方)

あまりにも抽象的ですみません。

比較は同条件ではなく主観が入るのでぜひ使ったことある人はどんな感じ方をしたかおしえてください。

 

まとめ

今日本テニス界を騒がせているダイアデムNOVA2020

新規参入ながらも使いやすく、本格仕様で万人に愛されそうなオールラウンドなラケット

近いうちにたくさんユーザーをコートで見ることもあるかもしれません。

まだまだストリングを変えて使ってもがらりと雰囲気が変わりそうですので、色々試して使ってみます。

DIADEM(ダイアデムの商品ページ)